学校管理下の骨折増加?!

たくさんの方々がブログを、拝見していただきありがとうございますお願い

 

秋の運動会シーズンで週末毎に、お天気に振り回されてしますね晴れ雨台風

 

そんな運動会シーズンですが、練習中に熱中症や骨折、転倒の子が多く見られますガーン

 

あなたのお子さんは大丈夫ですか!?

 

日本スポーツ振興センターによると、保育園~高校生までのお子さんが園や学校の管理下での骨折した人数は

平成25年には27万7122人

平成28年の28万7745人がピーク。

平成30年では26万0710人でした。

減少傾向にはありますが、その背景には、運動会での「組体操取りやめ」をされている傾向ではないか・・・とも考えられます。

 

現に子どもたちの学校でも、組体操からの転倒により骨折はしなかったのですが、それ以来先生の動員人数が増えて、また内容が変更されたそうです。

子どもたちが見ても分かるぐらい・・・「あれ以来、組立めっちゃしょぼくなったのに・・・」と・・・タラー

 

では、その骨折の背景には「栄養と運動不足による骨量不足とスポーツのさせすぎ!」があります。

 

特に女の子は将来の骨粗鬆症が心配されます。

 

骨の強さはおおむねカルシウムなどのミネラルが大切というのは皆さんもご存知でしょう!!

 

そのカルシウムは実は骨だけじゃないのはご存知でしょうか!?

 

骨や歯などの形成・血液凝固・筋肉の収縮・神経の興奮抑制・細胞の機能調整・血圧上昇の予防など様々な働きをしています。

また、カルシウムは身体の中で最も多いミネラルです。体重50㎏の成人で約1㎏のカルシウムが存在すると言われており、そのうち99%が骨や歯にあり残り1%が血液中や細胞に存在します。

 

 

1回に食べる量に含まれるカルシウム含有量

野菜例

 切干大根(15g1/3袋)75mg

 小松菜(80g1/3束)136mg

魚例

 わかさぎ(70g4尾)315㎎

 ししゃも(50g2尾)165㎎

大豆例

 木綿豆腐(150g1/2丁)129㎎

乳製品例

 スキムミルク(20g大さじ3強)220㎎

 ゴーダチーズ(20g)136㎎

  

一日600mgは必要なカルシウム

 

あなたやあなたのお子さんは大丈夫ですか!?

 

一般的にカルシウムの吸収率を高めるには、マグネシウムを一緒に摂るとよいとされています。

その比率はカルシウム:マグネシウム 2:1が理想的なバランスとされています。

 

骨折にならない為には予防が大切ですルンルン

背筋を鍛える事によっても、姿勢が良くなり転倒防止にもなります。

 

 

~人生100年計画~

ピンピンころりで、夢あふれる人生をお過ごし下さいニコニコ

👉amebloからのDMでのご予約は【初回のみ体験&カウンセリング30分無料初診料(検査料金込)12,540→10,380

メニュー

♪姿勢評価システムカイロプリント📷4980

♪栄養分析💊2160

♪オーダーメイドエクササイズ💪4980

♪姿勢を良くする睡眠環境指導💤

♪姿勢を良くするアーチサポート👞

♪ロボット工学に基づいた姿勢科学療法👩‍⚕️5400

 などを詳しく個別カウンセリングさせていただきます📋

又、姿勢調整師®の技術取得セミナー参加希望の方や講演会・講座の依頼の方はDMください♬ 

DM

ako.glitter@gmail.com

 ↑

必ず、ameblo見た!と書いてくださいね

LINE  ID :ako.glitter

    ↑

必ず、amebloみた!と書いてくださいね

直通予約電話📞

080-9261-4361(完全予約制)

 ↑↑↑

必ず、ameblo見た!と言って下さいね

姿勢検定受けてみませんか?5級は無料ですよ!

http://sisei.or.jp/intro/36b7d1

 #姿勢専科

#赤穂出張施術

#健康は正しい姿勢から

#姿勢矯正

#姿勢改善

#姿勢

#姿勢研究

#姿勢講座

#姿勢公演

#姿勢エビデンス

#姿勢美人

#姿勢改善専門店

#赤穂姿勢改善

#姿勢の先生

#姿勢調整

#姿勢ケア

#姿勢ケアの専門職

#手技療法危害zeropoject

#大阪観光大学

#姿勢科学

#姿勢科学士

#姿勢調整師

#姿勢科学士岡本美紀

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる